アシスタントとスタイリストの違い。

スポンサーリンク

こんにちは。

今日はこんなテーマ。

アシスタントとスタイリスト。最近はアシスタントでも、売り上げや、お客様からの信頼を勝ち取れるスタッフも増えてきている。(全国的には)らしいが、

和歌山では、そんなやつはみた試しがない。

いるかもしれんが、完全に僕の周りにはいない。

結局、「1回目にお店にきて、信頼を勝ち得て、そこから、指名して次から来店してもらえる。」

このサイクルを繰り返さないと、お店にも個人にも、はたまた、お客様も損するわけである。

お客様も損というのは、もしかしたら、その1回の来店で、せっかく一回分の代金を支払って、信頼できるスタイリストに巡り合えたかもしれない。が、担当したスタイリストの力量不足で、信頼を得れなかった。という、ところ。

結局、お店にきた新規のお客様(フリーのお客様も含む)を自分が担当させてもらった時点で、すでに責任は、発生しているわけである。

ところが、これがアシスタントの時はからっきしわからない。なんだったら、スタイリストがどうこう的な文句を言うやつまでいる。(経験上)

そして、自分がスタイリストになり、いざお客様を担当するとなると、いろんな言い訳をし、

結局、自分に指名をつけて、リターンさせるという、仕事すらも、うやむやにしてしまう。(マジでクズ)

挙句、「美容師を辞める」(そもそも私はやりたかった事が違った的な、、、)

のような選択をする。

そもそも、めちゃくちゃ努力して、信頼してくれるお客様がいるスタイリストは、簡単に「美容師を辞める」なんて選択肢ができるわけない。

というわけで、、、

自分ももう一度改めて、仕事に打ち込む時だなぁと。。

年末を目前に気合い入れていきます。

ではでは。

トップへ戻る